The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket

楽器を始める理由は人さまざまだと思います。

私も普段、人に教えるということをしていますが初めに動機を尋ねてみると、

・好きなアーティストに憧れて
・ある曲が弾きたくて
・昔からやってみたくて
・友達がやっていたから自分も
・レクリエーションでやる事になって
・なんとなく

など様々な理由が挙がります。

もちろん人それぞれ始める動機は違って良いのですが、

「楽器を始めて最初に取り掛かる練習曲はどんなものが良いのでしょうか?」

先ほども申し上げたように私も教える仕事としている事から上記の質問をよく受けます。

・かんたんな曲はないですか??
・初心者でも弾ける曲何かありませんか??

私の意見は初めての練習曲は他の何でもない「好きな曲」に取り掛かるべきだと思います。

それで大丈夫なのかとの意見も聞こえてきそうですが、
いくら簡単だから、為になるからと言われて取り掛かったとしても
全く知らない曲に対してモチベーションを保つ事ができるでしょうか?

練習曲だから仕方がないと割り切ってやる事も良い事だと思いますが、
楽器を始めたばかりの時に大切なのは「楽器を楽しむ事」「やめない事」です。

楽器は誰でもいきなり上手くできるものではなく長い時間をかけて練習をしなければ上達しません。
裏を返せば長く続ける事が上達の鍵となるのです。

好きな曲が難しければサビのほんの一部分を演奏できるようになるだけでも良いですし、
音を少し省いてみるのも良いと思います。

とにかく最初は憧れのあの曲を雰囲気だけでも弾けた!と「楽しむ事」が大切だと私は思います。

これから長い長い道のりが待っていて
基礎練習は言われなくても積んでいくようになりますし必要になってきます。

せっかく楽しむ為に始める楽器なのですからまずは好きな事から始めてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。