LINEで送る
Pocket

アーティストのサポートでもよく顔を合わせることが多いギタリスト兼バンサポ副編集長の福田祐次とベーシスト小倉諭史さん。
今回は小倉さんに音楽を始めたきっかけから、実際に音楽の仕事をするまで、そしてベースという楽器から見た他のパートのことを詳しく聞いてみました。

漠然と音楽でプロになりたいなぁと思っている方や、シンガーソングライターの方でバックバンドの方にお願いしたいなぁと考えている方はベーシストがどんなことを考えているのか知ることができる記事になっています。

小倉諭史(ベーシスト)
自身のバンドSTAR BELL PLUS(スタベル)/PineappleDandy/Mermaid Bluebirdなどで活動中。
その他にもサポートやベースのレッスン等も行なっている。

まさかその緑のストローは!そうです、スタ◯にて和やかに行なわれました。



ぶっちゃけ、何でベースを始めた?

福田祐次(ギタリスト)
小倉さんがベース始めたきっかけは何ですか?
よくあるギタリストじゃんけんに負けたとかですか?

※ギタリストじゃんけんとはギター希望者が多い場合にじゃんけんで負けた人はベース等のあまり人気のない楽器担当になってしまうこと。

小倉諭史(ベーシスト)
いや、違うんだけど、割とそれに近いかな。
中学校2年の時にGLAYのBE LOVEDとかLUNA SEAのROSIERとかが流行ってて、その後にL’Arc~en~Cielのflowerとか流行ってバンドブームだったんですよね。
福田祐次(ギタリスト)
確かに流行ってましたねー。ほぼ同じ世代ですもん。
小倉諭史(ベーシスト)
バンド組む人が多くてギターとボーカルは4〜5人いたんだけど、ベースは1人しかいなくて。なのでベースやろうかな?と。
じゃんけんで負けたような“仕方なく”に近いけど、自分から始めたという感じですかね。
福田祐次(ギタリスト)
憧れのベーシストがいたわけではないんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
憧れがいたから始めたわけではないんですけど、でもJUDY AND MARYの恩田(快人)さんはずっと好きでした。
福田祐次(ギタリスト)
手にグローブして!
小倉諭史(ベーシスト)
グローブは買ったことはないですけど、欲しいって思ったことはあります(笑)
福田祐次(ギタリスト)
音楽自体はいつから好きなんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
小学校の高学年からカウントダウンTVは毎週見てましたけどね。
大黒摩季さんとか出てた頃ですね。
福田祐次(ギタリスト)
懐かしいですね〜。みんな憧れてカウントダウンTVをご覧の皆さま、ってやってましたよね。

バンドをやろうって思った時にモテたいっていう気持ちはありました?

小倉諭史(ベーシスト)
それはある、ある(笑)
福田祐次(ギタリスト)
へー!意外ですね!バンドは学校の部活で組んでたんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
部活ではないんですけど、国語の先生がギターを教えてくれたりしたんですよ。
その先生が披露する場を用意してくれたこともあって。
福田祐次(ギタリスト)
めちゃくちゃ良い先生じゃないですかー!その時は何をやったんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
イエモン(THE YELLOW MONKEY)の球根です。割と地味な曲ですかね。

ちなみにこの曲です。


地味とか言わないでください(T_T)

福田祐次(ギタリスト)
その頃はピック弾きですか?
小倉諭史(ベーシスト)
ピックです!最初は。今はほとんどピック使わないですけど、レッスンで使うくらいですかね。

またぶっちゃけて聞いてみる。ベースでピック弾きって意味ある?

福田祐次(ギタリスト)
ベースをピックで弾く必要ってあるんですか?(キリッ)
小倉諭史(ベーシスト)
あるんじゃないですかね・・・?
福田祐次(ギタリスト)
メタルの先生が指弾きですごい速く弾いていたのを見ていたので、ピックで弾く必要性があんまりわからないんですよね。
地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズのMASAKIさんも指だし。
小倉諭史(ベーシスト)
確かに。
んー、流行りもありますよね。
流行りが終わったんですよね。
福田祐次(ギタリスト)
(流行り・・・?)
小倉諭史(ベーシスト)
ベーシストが通る道といえばBOØWY松井常松さんのダウンピッキングですよね。
おにぎり型のピックで弾くのが定番なんですけど、流行りが終わってしまった感じはありますよね。
最近は指から始める人が多いですね。ピックの人があんまりいない。
福田祐次(ギタリスト)
つまり、最近のピック弾きのスターがいないんですね。
小倉諭史(ベーシスト)
ジャズの人のがピックかもしれない。
でもピックの方がニュアンスが出しづらいんですよね。

ニュアンスが出しづらいから指弾きに変えたっていうわけではないですけどね。師匠の影響もあります。

福田祐次(ギタリスト)
誰かに習っていたんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
岡崎一郎さんという方に習っていて。
福田祐次(ギタリスト)
岡崎さんとはどうやって出会ったんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
地元のスタジオの方で、僕の友達でギターをやっている人が岡崎さんのバンドのギターの方に習い始めたんですよね。18-19歳くらいの時に。
高校の時は習っていなかったけど、その友達に誘われて習うようになりました。
福田祐次(ギタリスト)
どんな事を習ってたんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
習うと言っても、先生はスタジオの人だからずっとセッションをしていた感じです。
セッションした後にコメント貰ったり。
福田祐次(ギタリスト)
じゃあやりつつ、覚えたという。
小倉諭史(ベーシスト)
ですね。
福田祐次(ギタリスト)
習っているときはどういう生徒でした?自分を振り返ると食いついていくタイプでしたか?
小倉諭史(ベーシスト)
いや、そういうタイプじゃなかったんですよね。積極的じゃない。

でも週6で先生のいるスタジオに行ってセッションしてたんですよ。19時-23時とかの時間に。

福田祐次(ギタリスト)
それ、一般的には積極的っていうんですよ(笑)!!

毎日のようにグルーブ練習、アンサンブル練習やってたってことですね。

小倉諭史(ベーシスト)
その代わり、学科がおろそかに(笑)
福田祐次(ギタリスト)
ははは〜。
専門学校には行ってなかったんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
専門学校は・・・美容の専門学校に行っていました。新宿の歌舞伎町にある。
一応美容師の免許は家に持っています(笑)
hideに憧れて。
福田祐次(ギタリスト)
hideはギタリストですよね(笑)
小倉諭史(ベーシスト)
完全に後付けです(笑)
福田祐次(ギタリスト)
音楽の専門学校に行こうと考えたことはないんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
考えたことはないですけど、音楽の専門学校出身の人を見ると羨ましいとは思いますね。
仕事回してもらえるのかなぁ〜みたいな(笑)
福田祐次(ギタリスト)
すごいわかります。
仕事を回してもらえる、という点で、僕は結局東京に来るなら東京の音楽の専門に行けば良かったと思う時あります。

ところで、いつから今のプレイスタイルになりました?
結構フレーズが動くスタイルだと思うんですけど。

小倉諭史(ベーシスト)
岡崎さんに習い始めてからファンクとかソウルとか、フュージョンとかを聴くようになったんですよね。

そしてTower of Power(タワーオブパワー)が好きになって、そこからです。

福田祐次(ギタリスト)
小倉さん初めて見た時、ロッコ(Tower of Powerのベーシスト)かと思いましたもん!
小倉さんのベースはロッコっぽいですねって言いましたもん!そしたらほんと嬉しいです、好きなんです、って言ってたのを覚えてます。
小倉諭史(ベーシスト)
ロッコは今でも僕のアイドルです。

あと、20-21歳の時はTower of Power(タワーオブパワー)と矢野顕子のライブばかり見てました。アンソニージャクソンも好きだったので。

そこからタワーオブパワーの来日について調べ始めて2人だけで盛り上がること約5分。早く戻ってきてくださーい!

音楽の仕事をするようになるまで

福田祐次(ギタリスト)
岡崎さんに習い始めてからすぐ音楽の仕事をするようになったんですか?

小倉諭史(ベーシスト)
いやいや、全然。バイトしながらって感じです。

福田祐次(ギタリスト)
初めて音楽で仕事したのっていつですか?
100円でも500円でも、金額に関わらず音楽でお金をもらったの。
小倉諭史(ベーシスト)
それが、どれが最初か覚えてないんですよね〜。

多分一番最初はバイオリン、サックスがフロントのバンドでお金をもらった記憶があるんですよね。21歳くらいの時だったと思います。

福田祐次(ギタリスト)
それはチャージバックとかですか?
小倉諭史(ベーシスト)
コリアンフェスみたいなイベントの出演料としてだったんですよね。
福田祐次(ギタリスト)
初めてのギャラの使い道は?
小倉諭史(ベーシスト)
覚えてないです(笑)!お酒に消えたような気が。
福田祐次(ギタリスト)
意外にみんな覚えてないものですよね〜僕もコンビニのパンとかに消えてると思いますもん。
自分の生徒で封筒に入れて残しておきます!って人はいましたけどね。
小倉諭史(ベーシスト)
でも考えてみると、きちんと音楽で仕事を始めたなぁっていうのはテーマパークでの演奏ですね。
福田祐次(ギタリスト)
そこでがっつりって感じで?
小倉諭史(ベーシスト)
そう。そこから人脈もできてきたんですよね。
福田祐次(ギタリスト)
テーマパークの仕事はどこから貰ったんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
セッションのホストをやってたらお客さんで来てたトロンボーンの人から誘われたんですよ、オーディション受けない?って。
でもそのオーディションが3日後とか急だったんですよ。バイト入ってたので断ったんです。
福田祐次(ギタリスト)
断ったんですね(笑)。
小倉諭史(ベーシスト)
あと、別の人からその仕事はオーディション受けても受からないよ、っていう噂も聞いたことがあったので断ったんですよ。
行っても意味ないかな?という気持ちもあって。
福田祐次(ギタリスト)
バイト休みにしてまでね。
小倉諭史(ベーシスト)
で、断ったら今度はギタリストの人から誘われたんですよ(笑)
オーディションがあるんだけどって。
福田祐次(ギタリスト)
どれだけベーシスト探してるんですか(笑)!!
小倉諭史(ベーシスト)
もうこれは、やれという啓示なのか、と。

オーディションに行くことを決めました。バイトは代わりの人を探して(笑)

で、行ってみたらなんと受かってしまいまして。

福田祐次(ギタリスト)
何人か候補がいたんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
5人くらいですかね。事前のオーディションもあったみたいですけど、僕はそれをすっ飛ばして受けたみたいで。
福田祐次(ギタリスト)
結局その仕事はどれくらいの期間やったんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
3年くらいですね。ショーが打ち切りになったので、やめたというよりなくなったという。
その時に一緒だった人はレベル高い人が多くて今は有名な方のバッグバンドをやっている方もいますね。

なのでテーマパークでの演奏の仕事が自分にとっては転機ですね。

福田祐次(ギタリスト)
そこから人脈ができて、色んな現場に誘ってもらったり、って感じなんですね。
小倉諭史(ベーシスト)
福田さんとの出会いもそこからの繋がりですもんね。

いつもお世話になっております。

福田祐次(ギタリスト)
今は月単位でいうと、どれくらいのサポートやっているんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
サポートは月だと5本くらいですね。

あとはセッションと自分のバンド2〜3本くらい。

福田祐次(ギタリスト)
サポートする時に選ぶ基準とかあります?
小倉諭史(ベーシスト)
基本的には断らないです。

ギャラの有無とかではなく、最初は頼んでもらったらやろうかなと思うタイプです。
断った方がいいよ、とか言われるんですけどね。
日程が被っているとかではない限り、基本的には断らないです。

初めて買ったベースの話

福田祐次(ギタリスト)
話は戻りますが、最初のベースはどうやって買ったんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
父親に買ってもらいました。
フェルナンデスの3万円くらいの灰色のサンバースト。灰色から黒に変わるやつ。
御茶ノ水に行って、色で選びましたよ。
福田祐次(ギタリスト)
やっぱり最初は色とか見た目で買いますよね。
小倉諭史(ベーシスト)
最初はわからないので色で選びますよね。
試奏とかもできないし。
そこから2本目まで父親に買ってもらいましたね。
福田祐次(ギタリスト)
2本目を買うか買わないかはその後続ける人かどうか、分かれてきますよね。

2本目は何を買ったんですか?

小倉諭史(ベーシスト)
次はグレコのバイオリンベースです。
これも見た目で買いました。4万円くらいの。


たぶん、こういうやつ。

福田祐次(ギタリスト)
2本目は10万円以内、とかではないんですね!
小倉諭史(ベーシスト)
見た目で買ったので(笑)
ちなみに3本目もグレコ買ったんですよ、SG!中古で5万円くらいの(笑)
福田祐次(ギタリスト)
SGのベースですか?!

意外と変形が好きなんですか?

小倉諭史(ベーシスト)
そうなんですよ。
福田祐次(ギタリスト)
音も良かったんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
音は全然わかりません(笑)。

そのころはLUNA SEAのコピーをやっていた頃でベースの位置をめちゃくちゃ低くして弾いていました。
そして、それをずっと使い続けて、師匠に習い始めてTuneを買いました。
Tuneの4弦です。そこまで全部4弦ですね。

4本目のTuneからはやっと音で選ぶようになりましたね。

福田祐次(ギタリスト)
ジャズベとかプレベとかの王道のベースは使ってないんですね!

小倉諭史(ベーシスト)
使ったことないんですよ。
最初のフェルナンデスはプレベっぽい感じだったかもしれないけど、フェンダーのプレベ、ジャズベみたいな王道は使っていないんです。

で、そこから海外メーカーいいなと思うようになって、アレンビックを買いました。
20万くらいの、アクティブで、5弦です!


お!小倉さんがノリノリになってきました。

福田祐次(ギタリスト)
急に値段上がりましたね!初めて5弦を使った時、戸惑わなかったんですか?今は5弦ベースもスタンダードですけど、ミュートとか大変そうですよね。
小倉諭史(ベーシスト)
戸惑った・・・記憶ないんですけど、戸惑っているでしょうね〜。

あ、そういえば僕、人と奏法が違うんですよ。
右手の親指をピックアップに置かないんですよ。ゲイリーウィリスの奏法に似ています。

更にテンション上がってベース出しちゃいました!小倉さん、ここはカフェですよ!!!


福田祐次(ギタリスト)
親指をピックアップに置かないメリットがあるんですか?

小倉諭史(ベーシスト)
ずっとミュートができるっていう。
前はずっと開放弦が鳴ってしまっていたんですよね。
で、アレンビックの次は今メインで使っているMTDです。50万円くらいの。
福田祐次(ギタリスト)
また急に上がりましたねー!!!
次は買わないんですか?
小倉諭史(ベーシスト)
ロスコを買ったんですけど、全然使ってないんですよね。40万円くらいの結構高いものなのですが、家にあってほとんど使っていないですね。
結局MTDを10年以上愛用しています。

バンド運営の話

福田祐次(ギタリスト)
学生時代のバンドも含めて、バンドを運営する上で失敗したことありますか?
小倉諭史(ベーシスト)
学生時代のバンドに限らずなんですけど、僕が何も口を出さないというのが失敗ですね。
自分の意見があまりなくて、どうなの?と聞かれてもう〜んとなってしまうんですよね。
それが失敗です。
福田祐次(ギタリスト)
え、そうですか?
小倉さんは今は言わないイメージはないんですよね、確かに基本的には聞き役だけど、要点はいう、みたいな。
小倉諭史(ベーシスト)
でも昔は意見ないのかよって怒られたこともありますよ。
福田祐次(ギタリスト)
高校生の頃とかバンドを運営するのって大変じゃなかったですか?
小倉諭史(ベーシスト)
そうですよね〜、ノルマもお金払っていましたし。

あと、意味のないリハはたくさんやっていたでしょうね。ただ曲を何周かして終わる、みたいな。メトロノームに合わせた練習もしてなかったですし、ここはこうした方がいいね、ということも無く。
毎週リハ入っているけど、何のリハなのかよくわからないという状況はたくさんあったと思います。

福田祐次(ギタリスト)
同じこと何回もやっても意味ないですもんね。お金の問題とかありました?
小倉諭史(ベーシスト)
企画主にノルマをふっかけられてたことはありましたけどね。
福田祐次(ギタリスト)
あぁー、そういうのよくありますよね。
小倉諭史(ベーシスト)
ずる賢い人、いますからね。

ベーシストから見た他のパート

福田祐次(ギタリスト)
アンサンブルするときにベースの立ち位置はどう考えています?
小倉諭史(ベーシスト)
歌とかフロントを一番気にしています。実はドラムとかではなく。その分、ドラムが重要なポジションにいるかなって。
あとはバスドラよりもハイハットを聞いている。がっちりとバスドラに合わせることが実は少ないですね。

基本的にボーカルと同じラインをなぞるのが好きですね。これは癖なのかもしれないですね。

ベーシストから見たボーカル

福田祐次(ギタリスト)
ベーシスト小倉から見た良いボーカルとは?
小倉諭史(ベーシスト)
あまりベーシスト目線ではないのですが、カリスマ性、世界観がきちんとあるのかどうか。
その人なら違う世界に連れて行ってくれるかどうか。っていうところですね。
唯一無二感が欲しい。技術じゃないなと一番思うのはボーカルですね。
福田祐次(ギタリスト)
好きなボーカルは誰ですか?
小倉諭史(ベーシスト)
矢野顕子さんの真似される感じ。

あとはJUDY AND MARYのYUKIさんですね。

福田祐次(ギタリスト)
二人とも技術力あっての人ですね(笑)。
その他でボーカルに望むこととかありますか?
小倉諭史(ベーシスト)
んー、リズムがもう少し良ければいいのにって思うことはありますけどね。ボーカルってあまりリズムに意識がいかないのかもしれないですよね。
福田祐次(ギタリスト)
あー、すごいわかります。

特に小倉さんみたいに歌に添ったプレイスタイルの場合は難しいですよね。

小倉諭史(ベーシスト)
ですねー。

ベーシストから見たベース練習法

福田祐次(ギタリスト)
ベースでこの練習をした方がいいとかありますか?
小倉諭史(ベーシスト)
僕はメトロノームが嫌いなので、メトロノームと練習するくらいなら生のドラムと合わせる。
福田祐次(ギタリスト)
えっ、でも小倉さんはメトロノームに合わせられないわけじゃないですもんね。

大事なのはメトロノームが嫌い、で終わってないところですね。

小倉諭史(ベーシスト)
あとはベースに限らずなんですけど、コピーをたくさんすること。
好きなアーティストのコピーから入ってもいいんですけど、好きなアーティストを終わってもそこで終わらない。研究し続けることが大事だな、と。
福田祐次(ギタリスト)
自分にとって役立ったコピーは誰ですか?
小倉諭史(ベーシスト)
ダニーハサウェイですね。
あとはレッチリ(Red Hot Chili Peppers)の『Blood Sugar Sex Magik』はアルバム一枚コピーしました。
別に全部耳コピする必要はなくて譜面使ってもいいので、コピーをすることって大事だと思いますよ。

ベーシストから見たドラム

福田祐次(ギタリスト)
じゃあ小倉さんから見ていいドラマーとは?
小倉諭史(ベーシスト)
基本的には、僕が後ろにいたいので前にいるドラマーが好きですね。
福田祐次(ギタリスト)
となるとキープ力大事ですね。好きなドラマーは?
小倉諭史(ベーシスト)
ブライアン・ブレイド!
福田祐次(ギタリスト)
ジャズじゃないですか(笑)!
小倉諭史(ベーシスト)
あとはデビッド・ガリバルディー(Tower of Power)はずっと好きです。
あとジェフ・ポーカロ(TOTO)も好きです。

ベーシストから見たギター

福田祐次(ギタリスト)
ベーシストから見たいいギタリストとは?
小倉諭史(ベーシスト)
んー、ギタリストは色んな観点があって、リズム隊にもなるし、フロントにもなるし。その見方によっていいギタリストは色々いるなぁと思いますね。
一番好きなのはジョン・スコフィールドの『Up All Night』のギタリスト。
えーっと誰でしたっけ・・・?

わー!またそれ、5分くらい戻ってこないやつですよね?

ちなみにAvi Bortnickさんでした。

福田祐次(ギタリスト)
最後に一言お願いします。
小倉諭史(ベーシスト)
壁に当たっても諦めず、続ける。
諦めずに続けるコツは違うことをやる。
壁にぶち当たったらとりあえず置いとく。

そうするといつの間にかできるようになる。

レッチリの『Blood Sugar Sex Magik』も昔は全然弾けなかったけど、2年後くらいに気が付いたらできるようになってた。

あとは上手くなるにはアンサンブルをたくさんやる。

最後にバンサポの看板と共に!ありがとうございました!!

小倉諭史(ベーシスト)
Twitter:@onegrooveunder
Facebook:小倉諭史

サポート、レッスン、ライブのお問い合わせお待ちしてます!

あなたの音楽活動に
役立つ情報をお届けします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
バンサポ編集部
ミュージシャンのための活動支援メディア・バンサポ 日々の音楽ニュースや音楽活動に役立つ情報を配信中!!