The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket



初心者がバンドのスタジオ練習で気をつけたいこと

皆さんバンドは組んでいらっしゃいますか??

自分の生徒さんからよく聞く言葉ですが、
良くないね✋ボタンを押したくなるフレーズがあります。
それは

バンドはもっと練習して上手くなってから組みますよ〜…

バンドは上手くなってからやるものではありません。
バンドをやって楽器は上手くなるのです。
バンドをやるのに初心者も上級者も関係ありません。

自分のペースでやるだけでは成長に限界があり、人と合わせて練習することでしか気づけない事がたくさんあるのです。

そしてバンドの練習をするという事はみんなで合わせて練習する日があるという事でもあるので
それまでに弾けるようにならなければならないという練習に期限が付いてきます。

つまりバンドはなるべく早く始めた方が上達できます!

さて、バンドを友人や同僚と組みバンドの練習をしようとスタジオを予約して、さぁ練習だ!

…の前にみんなで心掛けておくべきポイントがあります。

無駄な音を鳴らさない!

これ、とても多いです…。
楽器や機材のセッティングをして音量や音色のサウンドチェック。
ここまではいいのですが、もう音作りはできているのに自分の世界に入ってフレーズのチェック練習を始めたり、
得意なフレーズを延々と弾き続けてしまう人。

サウンドチェックができたら音を出すのをやめて、
みんながセッティング完了できるのを静かに待ちましょう。

もしフレーズのチェックや待っている間にウォーミングアップをしたいのであれば
みんなの声が十分に聞こえる音量でやりましょう。

特に誰かが大事な話をしている時に大きな音量で個人練習というのはもっての他です!

その日の練習メニューを予め決めておきましょう!

スタジオに入ったはいいけどみんながどの曲をやるかわからず、
ましてただ合わせるだけの練習でなんとなくスタジオ終了の時間を迎えてませんか??

音遊びやみんなで仲良くセッションならそれでもいいですが、
ライブに向けてしっかり曲を完成させていきたいのであれば
その日にどの曲をやってどんな練習をするのかをメンバー間であらかじめ共有しておくと
有意義な練習時間が過ごせます。

特にバンドのリーダーが考えておきたいポイントですね!

スタジオ内では言いたい事は言い合おう!

みんなで良いバンドにしたい!良いライブをしたい!と思うのは当然の事ですよね?
誰もが下手なところや失敗しているところをわざわざ来てくれたお客さんに見せたくないはずです。

良い演奏をするにはメンバー間で言いたい事を言い合うことが大切です。
そこを遠慮していてはバンドが成長していきません。

ただしこれには注意が必要です。
・一方的に話すのではなく提案する
「そこはこの方がいいでしょ!」という形でなく「それもいいけど、こうしてみたら合わないかな?」と
提案する形で意見を言うとお互いにストレスになりにくいと思います。
もしかしたら自分の意見の方が間違ってることもありますからね(^^;
例え意見が割れても「ケンカ」ではなく「話し合い」をしましょう!

・スタジオを出たら仲良く
言いたい事をいうのは大切ですし、バンドを良くしたいのはみんな同じです。
でももっと大事なのはメンバー間のコミュニケーションです。
仲が悪くては曲がどうこうの前にバンド運営自体が破綻します。
裏を返せば言いたい事を言い合ってもお互いに「バンドをより良くしようと思ってこいつは発言してくれているんだな。」と
分かり合えていれば問題ないのです。

機材の使い方が分からない時は無理しない!

スタジオの機材で使い方がわからないものに関しては無理をせず店員さんに使い方を聞きに行きましょう。
壊してしまってからでは遅いというのはもちろんありますが、それよりもその無理して悩んでいる時間がもったいないです。
みんなで一曲通せたかもしれない時間を無駄にしないようにしましょう!

個人練習は家でやろう!

これは当たり前なのですがスタジオに入って練習するということはみんなで時間を共有しているという事です。
決して自分のパートを練習する時間ではありません。
せっかくアンサンブルの練習ができる貴重な時間なので自分の練習をしないようにしましょう。
もしもリハーサルまでにパートが全てさらえていなくても
とりあえず簡単にでも一曲通せるようにしておくのが最低限のマナーだと思います。

そしてその日にできなくてもその場で練習せず(すぐできるものは除く)、次回の練習までに家でしっかり練習しておきましょう。

最後に

5項目を挙げてみましたがいかがだったでしょうか??
もちろんこれだけではなく細かい事を挙げればまだまだキリがありません。

大事にして欲しいのは
・みんなで時間を合わせて共有している。
・スタジオ代は無料ではない。

という事です。

バンド以外にみんな普段の生活というものがあります。
寝る時間などの時間からみんな練習時間を絞り出し、またお金をかけてスタジオに入るわけです。
例え 1人の練習不足でバンドが進まなくてもそこには料金が発生してしまうのです。

逆に言えば上記のようなマナーを守ればバンドはとても楽しいものです(^^)
自分だけでなくみんなで気を遣いあって楽しいバンドライフを送ってみてください!(^_^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。