LINEで送る
Pocket



ギタリストがライブに必要なもの

ライブ今までライブに何度も出演しているベテランの方々とは違い
初めてライブに出演するよ!という方の中には何を準備していけば良いか分からず
ライブハウスに着いてから「しまった!◯◯が無い!」と焦ってしまい
そのまま引きずった気持ちでステージに上がり
本領発揮できなかったという人を見かける事があります。

こうした事を回避する為に持っておくと便利なグッズを
いくつか書き出してみようと思います。

ストラップ

意外に忘れやすいストラップ。
家で弾く時は座って弾くのでそれほど使わない場合もあるので
普段外している方も多いのでは無いでしょうか?

ライブハウスに着いてから「げ!ストラップつけてない!」
という事が無いように気をつけましょう!

予備の弦

ギターベテランの方なら多くの人がケースに常に替えの弦を持っています。
ケースから出す際に引っ掛けてしまったり、
リハーサルで勢い余って切れてしまったり、
はたまた古い弦のままライブに臨んでしまったり。

弦はいつ切れるか分からないので常にケースに常備が鉄則です!
最近ではダダリオなどをはじめ真空パックを採用している弦メーカーもあるので
常備しておくにはオススメです。

チューナー

エフェクターボードに組み込んであるのであればいいのですが
それ以外の場合にはクリップ式チューナーかシールドを指してのチューナーが多いはずです。

チューニングが合っていないとせっかくの練習も水の泡。
始まる前にメンバーから借りてもライブ中にズレてしまったらもう直せません。

チューナーも一台はケースに常に入れておくと良いでしょう。

シールド&パッチケーブル

結構忘れるのがギターとアンプやエフェクターをつなぐシールド類です。
しかしながらシールドは忘れてもライブハウスで貸してくれるので
こだわりさえ無ければまだ極端に焦らなくても大丈夫かもしれませんね。

ピック

ピックはティアドロップ型や三角型、硬めや柔らかめなど
人それぞれ好みが分かれているので他のメンバーから借りても
自分のいつもの力が発揮できない場合があります。

筆者は常に財布にピックが入っております。
ピックは場所を取らないのでいつも持ち歩く物に数枚忍ばせておくと良いと思います。

一番忘れてはいけないもの

ここまで書いたのは最低限持っておくと良いものです。
個人の状況によってはまだまだ忘れていけないものもあるとは思いますが
ひとまずこれだけは忘れないようにしましょう。

少なくともギター本体を忘れるという冗談みたいな事態だけは避けるようにしましょう( ̄▽ ̄)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket