The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket



ブルースとマイナーペンタトニックスケール

今回は少し難しいお話ですが
アドリブソロを覚えよう!となる場合に
最初に多くの人が触れるスケール(音階)は

マイナーペンタトニックスケール

が多いと思います!

ブルースについて

このマイナーペンタトニックスケールは
ブルースでよく使われるスケールとしても知られていて、
ブルースでマイナーペンタトニックを使う!
というように覚えている方もいらっしゃると思うのですが、

これは正解でもあり間違いでもあると言えます!m(_ _)m

ブルースのコード

例えばキーAのブルースであれば
A7、D7、E7のスリーコードなのですが、
この◯7というコードはメジャー系のコードであり
マイナー系のコードではありません。

それなのにマイナーペンタトニックが使えるというのは
少し話がおかしいですよね?

スケールとコードは密接な関係で、

  • メジャーコードにはメジャー系スケール
  • マイナーコードにはマイナー系スケール

が基本的には合うはずです。

それなににブルースの場合だけ、
メジャー系コードなのにマイナー系スケール
というのは特別な感じがしませんか??

実はブルースでマイナーペンタトニックが使えるというのには理由があるのです(`_´)ゞ!

少し話が戻りますが先ほどの
メジャーコードにはメジャー系スケール
のお話をしてみると例えばキーCメジャーの曲では基本的にはCメジャースケールが使えます。
ブルースでよく使われているのはマイナーペンタではない!?

Cメジャースケールは
C D E F G A B

の音使い。インターバルで言うところの
R M2 M3 P4 P5 M6 M7になります。

ブルースでよく使われているのはマイナーペンタではない!?

ここにブルーノートと言われる人がブルージーに感じる要因の音を
メジャースケールに入れてみます!

ブルーノートはE♭、G♭、B♭

インターバルでいうとm3、♭5、m7になります。

Cメジャースケール

これを入れて先ほどのコード進行でソロをとってみてください。
ブルースでよく使われているのはマイナーペンタではない!?

コツはブルーノートを弾いてそこで止まらない事です。

あくまでメジャースケールを中心に味付け程度にブルーノートを入れてあげると良いです!
特にG7上で弾くと合いやすいと思いますよ(^^)

どうでしょう??メジャーコードの上なのにブルージーな響きを感じませんか?(^^)

これでメジャースケール+ブルーノートという形のスケールができました!

メジャースケール+ブルーノート

しかしこれでは音数が多いので、、
せっかくならこのブルーノートが目立つブルージーに特化したスケールを作ってみましょう!(^-^)/

ルートであるCとブルーノートはまず入れましょう!
ルートであるCとブルーノート

う〜む、、このままだと音が4つしかない。

そこでP4とP5であるFとGを入れてみましょう。

P4とP5であるFとG

P4とP5はメジャーやマイナーというものを感じないPerfect(完全)な存在なので入れてみました(`_´)ゞ

するとC E♭ F G♭ G B♭

インターバルでいうところの
R m3 4 ♭5 P5 m7 になります!

あれ??

と勘のいい人は気づいたかもしれません。

マイナーペンタトニックのインターバルを書いてみます。

マイナーペンタトニックのインターバル

どうでしょう??
先ほど作ったブルージーに特化したスケールと比べてみると、
b5があるかないかだけの違いなのです!

ブルージーに特化したスケールと比較

ブルースで「マイナーペンタトニックに♭5を入れよう!」
と言われた事があるかもしれませんがこれが理由です。

先ほど作ったブルージーに特化したスケールを
ブルースペンタトニックというのですが
結果的にマイナーペンタトニックと一緒になります!

しかし、マイナーペンタトニックは
マイナースケールの半音階を抜いて作ったスケール。

かたやブルースペンタトニックスケールは
もともとメジャースケールにブルーノートを入れて
ブルースに特化して作ったスケール。

よって派生理由が違うのです!

同じ音階なのですが

  • マイナーペンタトニックスケールはマイナー系のスケール
  • ブルースペンタトニックスケールはメジャー系のスケール

なのです!

よってブルースでよく使われているのは
マイナーペンタトニックスケールではなくブルースペンタトニックというのが
正しい言い方になります!(^-^)

もちろんアドリブで使用する際は
マイナーペンタトニックと一緒だ!と覚えていても大丈夫ですが、
知識としてブルースペンタトニックの事を知っておくと
セッションに行った際にも
「おっ!こいつできるやつだな!」
と一目置かれる存在になるかもしれませんよ( ̄^ ̄)ゞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。