The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket



オルタネイトは早い段階で習得しよう!

こんにちは!ギタリストの福田祐次(@fukusuke2578)です。

今回はギターのオルタネイトについて書いていきたいと思います。

オルタネイトとはギターのストロークやピッキングを上下に、ドラムにおけるストロークを左右交互に演奏するテクニックで、それが標準の演奏方法にもなっています!
最初のうちはその交互を守らず得意な方だけで演奏してしまいがちなところがあると思いますがこのオルタネイトには多くの利点があります。

1番に挙げられるのは効率の良さです。

例えばテンポ150の曲で、ギターでいえば上から下に振り下ろすダウンピッキングだけで8分音符を弾くのも一苦労です。
しかし上から下に振り上げるアップピッキングも含めたらどうでしょう??

ダウンピッキングだけでは振り下ろして振り上げてもう一度振り下ろすという動作になります。
一方オルタネイトピッキングであれば振り下ろして、次の振り上げる動作でもピッキングをしてまた振り下ろして弾くという事になるので実質ダウンピッキングだけの時の半分の労力で演奏する事が可能になります。

8分音符でもそれだけの労力を緩和できる訳ですから、早いテンポの16分音符攻略では必須のテクニックになりますね!
またドラムもギターも含めオルタネイトで演奏できるようになるとリズムを一定に保ち演奏する事ができるようになります。

ギターでもドラムでも常に腕を動かしてリズムをとり、その中で4分、8分、16分と合わせて行く事によってリズムの狂いも減らし、リズム譜を読むときにも分かりやすくなります。

またどちらの楽器においてもオルタネイトを使う事によって片方だけで演奏するよりも滑らかなサウンドになりやすいのです。
どうしても初めは演奏しやすいやり方で演奏しがちですがオルタネイトをしっかり学ぶ事によってその後の演奏能力や成長度合いを大幅に向上させる事ができます(^^)!

地味な練習による積み重ねになりますが是非オルタネイトは習得しましょう!(`_´)ゞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。