The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket

こんにちは!ギタリストの福田祐次(@fukusuke2578)です!(^^)

突然ですが楽器を入れるケースはどんなものを使っていますか??

…え??最初に楽器を買った時についているのを使っているって??(-_-)

ちょっと待ってください!!

そのケース本当に大丈夫でしょうか??

ケースは楽器を運べればいい!なんて考えていませんか??

僕自身の体験談ですが、高校生の時に初めに買ってずっと使っていたギターがあったのですが、違うタイプのギターが欲しくなりギターを買いに行きました。
そのギターは8万円ぐらいだったのですが片方の肩で背負うタイプの安いソフトケースがついてきました。

その頃ハードケースを持つ事に憧れがあったのですが、
とりあえずその日はギターを買った楽器屋さんが遠かったこともありそのまま貰ったソフトケースで帰りました。

そこが悪夢の始まりとも知らずに…

次の日、割と近くの楽器屋さんに昨日買ったギターを背負いハードケースを買いに行きました。
その楽器屋さんは建物の3階にあったのですが1階について、さぁエスカレーターに登ろうと思った時に悲劇が起きたのです、、、。

突然ギターケースの肩で背負う部分の金具が取れてギターが床に落下!

バンッ!

という音と共にワンバウンド!
今でもスローモーションで見たのを覚えています…(-_-)

恐る恐る中を開けて見ると、
「あれ?なんともないや??」
少し擦り傷を見つけたぐらいでホッとひと安心。

よかったよかった〜(^^;;
とエスカレーターを上りいざ楽器屋さんへ!

顔なじみの店員さんと話をしながらハードケース売り場へ行きオススメを出してもらい、さぁでは早速入れてみよう!と、、、、

ん?

あれ?

入らない??

店員さんも「おかしいなぁ、入るはずなんだけどなぁ〜」と別のも一応試してみる。

また入らない。

なぜだろう?一般的なレスポールサイズのはずだから普通に入るはずなのに、もしかして規格が少し違うのかな??

なんて話をしていたその時、、
店員さんが裏側を見て言ったのです。

「ねぇ、これ…ネック折れてる…よ…?」

えぇぇぇぇぇ!!!
と思い確認するとパックリ大きく割れて折れているではありませんか!!!

二度見どころか多分八度見ぐらいしました(^^;;
まさか!?そんな!?って感じで(^^;;

その時頭によぎったのが1階で落としたあの瞬間、、、
そうあのバウンドはネックが床に真っ逆さまに落ちて木のしなりでバウンドしていたのです。

どうしようもないので昨日買ったばかりのギターをネック折れで今日修理に出す事に。

8万円のギターを次の日に4万円で直すという前代未聞のおバカな事態が発生しました。

その時に思ったのです。

・もしギターを買った日にハードケースを買っていたら…。
・ハードケースまでいかなくても丈夫なケースを買っていたら…。
・片方ではなく両肩で背負うケースを買っていたら…。

と、、、(´・_・`)

その日以来僕自身は、ケースは「運ぶもの」だけではなく「守るもの」という認識が強くなりました(^^;;
ギター、ベース、ドラム、サックス、トランペットはもちろんエフェクターケースなども含めて大事な楽器を守る為にもケースは絶対にケチらないようにしましょう!!(`_´)ゞ

ギターケースの選び方・オススメは?

ではここからはオススメのギターケースを理由と共に挙げていきたいと思います。

▼続きは会員限定(無料)です。以下からログインしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目