The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket



ギター上達のための装備を一挙公開!!

初心者の頃に初めのギターを買い、レベルアップに次のギターを買い、
次は別の音も出したくてもう一本買い、、
という様にギターってハマると次々に欲しくなりませんか??

筆者もその1人でギターを買えば買うほど次は別の形のだったり、
同じシェイプでもライブ中持ち替えるから二本欲しいなぁ。
なんて思ったりしていました。

もちろんこれは悪いことではないのですが
余程のお金持ちでないとお金には限りがありますよね。

ましてや学生であればバイトをしたなけなしのお金、
社会人の方は生活費を切り詰めながら貯金を崩してという方も多いので
ギターをそう何本も買える人は少ないのではないでしょうか。

確かに持っているギターと違うギターを持つことは良いことです。
音も違うし、握った感じも違うし、用途も違うでしょう。

しかしギターばかり買っていてはいつまでも上達を目指すことはできません!!

上達を目指すのであれば本体以外の周辺機器にもお金をかけるべきです!

例えばエレキギターやピックアップのついているアコースティックギター。
これらはシールド、アンプもあって初めて楽器として成り立ちます。

アンプ

よく初心者の方で家ではアンプを通せないので通さずに練習するのですが、
実際にスタジオなどでアンプを通してみたら凄く下手でショックでしたという方がいます。

アンプを通してみるとミスタッチや触れた時のフィンガーノイズも音として発信されます。

アンプを通さない時に聴こえていなかった音がアンプを通す事によって
丸聴こえになってしまいとても下手くそに聴こえてしまうのです。

下手くそに聴こえるというよりはそれが本当の実力で
実際には「上手く聴こえていただけ」という事なのです。

練習にはこういったアンプを持っていると便利ですね。




シールド

シールドも安いものであればノイズが入ります。
ノイズが入ってしまえばせっかく上手く弾いててもノイズの音で実力は半減してしまいます。




エフェクター

ライブハウスにアンプを持っていけない状況であれば
自分の手持ちエフェクターを駆使し自分の音を作らなければなりません。

お気に入りのエフェクターでいつもどんなアンプでも好きな音を作れるように
音作りの練習をしておけば、
例えライブハウスのアンプが気に入らなくてもある程度のレベルまでは持っていけます。



録音関連

録音をしてみた事はありますでしょうか?
録音をしてみると自分のテクニック、リズムのダメなところを客観的に聴くことができ
練習の目標を立てられます。

今はiPhone等で簡単に普段の自分の演奏が録音できるので
それも活用は大にしていただき、
ちょっと本格的な録音となると以下のような宅録の機材が必要になってきます。



このようにギター本体だけを買い揃えるよりも上達を目指したり、
自分の演奏を引き立ててくれる周辺機器にもしっかりと目を向けてあげると良いでしょう。

余談ですが、RPGゲームで強い武器だけを買っても
防具が弱ければ負けてしまうのと似ているかもしれませんね!f^_^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。