The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket



ミュートを意識してみよう!

音楽の演奏において色々な難しさがあります。
技巧的な難しさもあれば表現が難しい!なんて曲もあるでしょう。

そんな色々な難しさの中でも、技巧的な難しさや表現の難しさよりももっと根本的で地味だけど大事な難しい技術があります。
それは、、、

ミュートです!

ギター以外の楽器でもそうですが鳴らしたい音以外の音が鳴っている状態で鳴らしたい音を鳴らしても、その鳴らしたい音だけを鳴らした時よりも聞こえづらく、また印象が薄くなってしまいます。
試しにギターであれば1弦だけを鳴らした場合と6弦をボ〜ンと弾いて音が鳴っている最中に1弦を鳴らしてみてください。
明らかに1弦だけを鳴らした方がスッキリ聞こえるはずです。

この事から凄く技巧的な演奏ができる人でも余分な音がなっていればせっかくの技巧的演奏もお客さんには100%の音が届かず格好良さが半減してしまうのです。

とても地味な技なのですがこのミュートができるかできないかで聞こえる印象が「この人上手い!」か「上手いけどなんか微妙〜」かに分かれてしまいます。
上手い演奏家、有名な演奏家ほど音を出す事も大事ですが余分な音を消す技術が凄い人が多いのです。

それに加え「なんとなく音が伸びている」ではなく「音を伸ばす」「音をきる」を意識的にしっかりコントロールしているのです。

ギターも含め楽器におけるミュートの練習はすぐに習得できない時間のかかる技術の上、とても地味で面白くない練習ばかりで多くの人が諦めてしまうのですがこの音を消す技術こそ音を綺麗に出す極意であるのです。

ゆっくり時間をかけてしっかり身につけたい技なので気長に練習してみてください(^-^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。