The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket



ギターの練習の習慣化、練習で気をつけたいこと

こんにちは!ギタリストの福田祐次(@fukusuke2578)です。演奏本番というよりも「練習」についてのお話をしたいと思います!

楽器を始めたけどなかなか上手くならない、、、
という方のお話を聞いてみると意外に多いのが、

「ギターを持つまでが億劫」
「持ってしまえば練習するんですけどね」

という言葉です。

練習を習慣化する方法!

僕自身も経験ありますが皆さんも楽器を手に取るまでが面倒くさくて
「明日でいっか。」
となってしまい、それが毎日続いて結局一週間全く触れなかった…(-_-)
なんて経験ありませんか?

しかし、やはり楽器を触らない事には当然上達ができない訳でして…。

そこで!

自分の経験から楽器を触るように仕向ける方法を提案してみます(`_´)ゞ

1.楽器を身近に置く!

シンプルな1番の方法です。手に持ってしまえば意外に音を出し始めて楽しむと思うのでとにかく触れる距離に置いておく事です!
普段座る椅子やソファーの傍に置いておくだけでも触る回数は増えます。
その時に今挑戦している曲や資料も一緒に置いておくと効果的でしょう!

僕は昔トイレに置こうと考えましたが当然の如く家族に反対されあえなく諦めた思い出があります(^^;;笑

▼続きは会員限定(無料)です。以下からログインしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目