The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket



ギターもたくさん失敗しよう!

こんにちは!ギタリストの福田祐次(@fukusuke2578)です!(^^)

僕は一人でスタジオにこもって機材のセッティングや準備をすることがあります。
一人カラオケならぬ、一人スタジオ!

家にいる時よりも集中できるし、設備が整っているし、大きな音も出せるので結構好きなんですよね、一人スタジオ(^^)
準備をしながらいつもたくさんの発見があります。

こんな使い方ができたのか!
こうするともっとここが良くなるのか!

と一人でテンションが上がってウキウキしてしまいます。

そしてある程度準備ができたら余った時間は練習時間に。
ここでも沢山の発見をしました。

今までの自分のクセなどをゆっくり分析したり、新たなフレージングやリズムのアイデアを試したり。

失敗しても死ぬわけではない。

僕はトライ&エラーってとても大事な事だと思っています。

アイデアなんて10個あったって1個使い物になれば十分な成果だと思います。
むしろ10個試して10個ダメな場合が多いんです。

それでもこのトライが無ければ新たな手法や成長はないし、
エラーがなければそれが上手くいかない方法だという事を知ることはできません。

前によく見て確かに!と納得したのがエジソンの言葉で
「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」
というものです。
すごく的を射ていると共感しました。

失敗は失敗ではなくてその失敗自体が発見なのです。

よくギターを始めたばかりの人を見ていると失敗を恐れる事、失敗を見られて恥ずかしいからやらないという考えの方がいます。
上手くなってからやりますとよく言われます。

初めのうちに失敗しなくていつ失敗できるんでしょうか。
プロでも失敗はあるのに初心者が失敗しないなんて事があり得るのでしょうか。

いつも自分の生徒さんたちに
「失敗しても死ぬわけじゃないんだから思い切りやってみた方がいい!」
と言っているいます。

現在プロとして活動しているミュージシャンも、世界中を震撼させているロックバンドだって、
たくさんのトライ&エラーを繰り返して今があるのです。

ぜひ失敗を怖がらず、機材も演奏もたくさんの試みをしていってくれたらと思っています!
もちろんライブ本番中にトライする事もありますが、特にバンド練習や個人練習の中でたくさんのトライ&エラーを繰り返して新たな手法を発見してみてください(^-^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。