LINEで送る
Pocket



ギターはどれくらい練習したら上手くなれる?

モチベーション次第である

よく聞かれる質問で

「1日どれぐらいの時間を練習すれば上手くなりますか??」

というものがあります。

上手くなるというのがどれぐらいを指しているのかはさておき、上達に関しては嘘はつきたくないのでいつも正直に

「◯◯さんの練習量と目標次第です。」

と答えています。
もちろんそれだけだと回答を逃げているようになってしまうので具体的な目標までの進め方や他の人の例なども挙げて、の話ですが。

こればかりは僕も神様じゃないのでいつまでか?はわかりません…。
僕や他の先生がその方の体に乗り移って弾いて練習する事はできないのでその人のモチベーションなどにかかっていると言っても過言ではないと思います。

長時間の練習と結果の関係性

しかし「練習時間」の考え方、効率のアドバイスならこちらから提示する事ができます。

よく練習時間を気にする方の中でとにかく長い時間(1日5時間、6時間など)を練習すれば良いと思っている方がいるのですが、これは練習の内容によります。

例えばとにかく難しいフレーズを反復練習で覚えるという場合はひたすらこれを体に刷り込ませる必要があるので有効だと思います。

しかし、コードを覚えたりスケールを覚えたり、曲を覚えたりする練習や音の使い方、フレージングなどの練習をする場合にはこれは必ずしも効果的であると考える事はできません。

これは科学的にも言われている事ですが脳は寝ている間に覚えた物事を整理しようとするそうです。

僕の好きなギタリストScott Hendersonもその昔セミナーで

「私は一回20分の練習を1日数回かに分けてやる。人間の脳は本当の意味でそれ以上集中できないんだ。何時間もだらだらと練習するのは良くないんだ」
という旨の発言をしているのを聞きました。

僕自身や周りのミュージシャンに聞いても例えば曲を暗譜する際は一度全部をさらった後に寝たり、休んでしばらく時間を置いてからもう一度トライします。
すると覚えている部分と忘れてしまった部分が明確になり、苦手な部分や覚えにくい部分が浮き彫りになります。
そしてそこを中心に練習をし、また改めて全体を通す。

これを繰り返す事により長時間にわたり明確な目標もなく練習するよりも短い時間で色々な事を覚える事ができます。

1番良くないのは「長時間練習した!」という満足感に浸ってしまう事だと思います。
もしどうしても曲を覚えれないという方は、別の記事「ギター初心者が家だと弾けているのにスタジオでは弾けなくなる理由!」と合わせて練習してみてください(^-^)/

…学生の頃も一夜漬けじゃなくてこうして勉強しておけばよかったなと思う福田でした(^^;;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket