LINEで送る
Pocket



ギターの弦の交換頻度について

今回は今までいつやろうか迷っていた禁断の内容「ギター弦交換の時期」を取り上げてみたいと思います!

これについては本当に人それぞれで全く違う意見が飛び出してくるものなので少し避けてはいたのですが質問を受ける事が多いので思い切って自論を書いてみようと思いますm(_ _)m

ギターの弦を交換する目的

ギターを弾いていれば避けられない宿命の作業、、

弦交換!!

弦交換をする意味としては、
・弦が演奏中に切れないようにする為
・音質の劣化を避ける為
・古い弦はチューニングの安定が悪い為

などなど弦が古いと様々なマイナス要素が出てくるからなのですが、
一体どのタイミングで換えればいいのでしょうか??

これは正直弾く頻度や立場によって変わると言えます。

自分の場合

例えば僕自身の話をするとギターの弦はラウンド弦であれば(いわゆる通常のエレキギターに張る弦)「基本」1か月半で換えます。

まずなぜかというと
・経年変化や手汗、油により弦が錆びてくる
・これによりフレットや指板が悪くなる気がする(あくまで感覚です。)

からだと考えているからです。

ただし先ほど「基本」と書いたのは自分が家で練習などに使うギターの場合は1か月半を目安にしていますが、
レコーディングやサポートなどの仕事の場合はこれに準じません。
当然ライブ本番前、レコーディング前には弦を換えますからそれらの仕事が連日である際は1日で弦を換えるという事になります。
という様に人によって変わってしまうのです。

強いていうなら一つの目安として

それでは例えば1番質問を受ける、仕事などではなく普段家で楽しんだりレッスンを習ったり、月に一回仲間とスタジオに入ったりする頻度の方だったらどうでしょう??

僕はいつも1、2、3弦のプレーン弦(巻かれていない弦)が黒ずんでガサガサになっていたら交換してくださいとお話しています。
あくまで自分の経験上ですが4、5、6弦の巻弦よりもプレーン弦の方が弦が切れやすいです。
特別どこかで演奏する機会があるわけでなく家で楽しむだけであれば究極を言えば弦が切れてから交換でも良いのかもしれません…。

ただやはり弦が切れるまで変えないというのはギターが持ってる本来のトーンを引き出すことができないはずなのでトーンコントロールの練習という点ではやはり黒ずんだら換えるというのが目安ではないかと思います。

特にアコースティックギターはエレキギターよりも弦の影響力が大きいので尚更弦はマメに換えることをオススメします(^^)!

弦にも色々なメーカーの色々なゲージ(太さ)があるので(ゲージを変えるときはネックやナットの調整に要注意!)各メーカーを試して楽しんでみると弦交換も面倒ではなく、楽しみになってくると思いますよ(^-^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket