The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket







ギターの弦の交換頻度について

今回は今までいつやろうか迷っていた禁断の内容「ギター弦交換の時期」を取り上げてみたいと思います!

これについては本当に人それぞれで全く違う意見が飛び出してくるものなので少し避けてはいたのですが質問を受ける事が多いので思い切って自論を書いてみようと思いますm(_ _)m

そもそも弦の耐久性は?

弦のゲージやメーカーによる差はありますが、
結論から先に言うと新品であればそんな簡単に弦は切れません!

もちろん古くて錆びている弦だったりやたらと細い弦をわざと無理矢理引っ張ったりしたら切れるのは当たり前なのですが、
通常の状態で強く引っ張ったり、弾いても弦が切れる事はそんなにないです。

僕自身の弦の最長記録は専門学生の時で、授業でほぼ毎日5,6時間は使って9ヶ月使った事があります(^^;;
課題曲だったサンタナの哀愁のヨーロッパのチョーキングで見事にプツリと切れてしまいましたが…。

これは少しやり過ぎで通常使うのであればもっと早めに弦交換をした方がいいのですが、
それぐらい弦の耐久性って高いということなのです。

それが新品の弦であれば尚更の事なのでもしも弦を張ってすぐに切れてしまうようであればナット、ブリッジ、ピックの何処かに弦が切れる要因が潜んでいる可能性が高いです。
先日も新品でギターを買った方が「弦が良く切れるんですよね」とお話をされたので一度ナット、ブリッジのチェックを買ったお店でしてもらうのはいかがですか??
と提案したのですが、なんとブリッジの弦が当たる部分の部品がしっかり研磨されておらず、凹凸ができていてチョーキングした際に弦がその凹凸に擦れて切れていた。
との事でした。
新品のギターでもこの様に部品の不具合があったりするのです。

弦が当たる部分であるナットやブリッジにはこの様な事がありますし、ピックも長年使い込んだりピックスクラッチなどでギザギザになっていると弦を引っ掛けて切ってしまう要因になってしまいます。
「なんだかよく弦が切れるなぁ」と心当たりがある人は一度弦が当たる部分の部品をチェックしてみるのも良いかもしれませんね(^-^)/

ギターの弦を交換する目的

さて、肝心の弦の今回のテーマである弦の交換についてです。

ギターを弾いていれば避けられない宿命の作業、、

弦交換!!

弦交換をする意味としては、
・弦が演奏中に切れないようにする為
・音質の劣化を避ける為
・古い弦はチューニングの安定が悪い為

などなど弦が古いと様々なマイナス要素が出てくるからなのですが、
一体どのタイミングで換えればいいのでしょうか??

これは正直弾く頻度や立場によって変わると言えます。

自分の場合

例えば僕自身の話をするとギターの弦はラウンド弦であれば(いわゆる通常のエレキギターに張る弦)「基本」1か月半で換えます。

まずなぜかというと
・経年変化や手汗、油により弦が錆びてくる
・これによりフレットや指板が悪くなる気がする(あくまで感覚です。)

からだと考えているからです。

ただし先ほど「基本」と書いたのは自分が家で練習などに使うギターの場合は1か月半を目安にしていますが、
レコーディングやサポートなどの仕事の場合はこれに準じません。
当然ライブ本番前、レコーディング前には弦を換えますからそれらの仕事が連日である際は1日で弦を換えるという事になります。
という様に人によって変わってしまうのです。

強いていうなら一つの目安として

それでは例えば1番質問を受ける、仕事などではなく普段家で楽しんだりレッスンを習ったり、月に一回仲間とスタジオに入ったりする頻度の方だったらどうでしょう??

僕はいつも1、2、3弦のプレーン弦(巻かれていない弦)が黒ずんでガサガサになっていたら交換してくださいとお話しています。
あくまで自分の経験上ですが4、5、6弦の巻弦よりもプレーン弦の方が弦が切れやすいです。
特別どこかで演奏する機会があるわけでなく家で楽しむだけであれば究極を言えば弦が切れてから交換でも良いのかもしれません…。

ただやはり弦が切れるまで変えないというのはギターが持ってる本来のトーンを引き出すことができないはずなのでトーンコントロールの練習という点ではやはり黒ずんだら換えるというのが目安ではないかと思います。

特にアコースティックギターはエレキギターよりも弦の影響力が大きいので尚更弦はマメに換えることをオススメします(^^)!

弦にも色々なメーカーの色々なゲージ(太さ)があるので(ゲージを変えるときはネックやナットの調整に要注意!)各メーカーを試して楽しんでみると弦交換も面倒ではなく、楽しみになってくると思いますよ(^-^)/

音楽活動に役立つ最新情報を
お届けします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。