The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket



スケールを覚える

ルートはどこにあるか?

ギターを始めてしばらく経ってから必要になってくる「スケール」ですが、
アドリブで使えたり曲のアレンジで使えたりという事はなんとなくわかるのだけれど
中々覚えられない…。という方も多いようです。

またキーが変わった途端にスケールが全てわからなくなってしまう。
という事もよくお聞きします(-_-)

スケールを覚える際のオススメはルートがどこにあるか??をしっかり考えて覚える事です。

Aマイナーペンタトニックスケールを例にとってみると例えば多くの人が覚えているのがこの形、
Aマイナーペンタトニックスケール

だと思うのですがこの際にルートがこの位置にある事を覚えておきましょう。

Aマイナーペンタ・ルート

するとこのペンタトニックはルートから見て右側に広がっている訳ですが、
このように左側に広がるペンタトニックも同じルートから覚える事ができます。

Aマイナーペンタルート2

これを合わせた図がこちら、
Aマイナーペンタ・ルート3

このように一つのルートからギターのヘッド側、
ボディ側へ広がっている事が見れるようになりスケールを広く使えるようになります。

同じように5弦のルートからボディ側と、

ヘッド側、

これを合わせると、

いかがでしょう??

あとは4弦のルートからのこの形を覚えると、

以下の様に全てのマイナーペンタトニックスケールが繋がります(`_´)ゞ

6弦ルートのヘッド側、ボディ側
5弦ルートのヘッド側、ボディ側
4弦ルート

の5つのパターンにまとめておくとキーが変わっても
スケールを追いかける事ができますし覚えやすいと思います!(^^)

スケールを覚える際はぜひぜひルートの音を意識して覚えてみてくださいね(^-^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。