The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。
LINEで送る
Pocket

前回JC(ジャズコーラス)の攻略はギタリストにとって
バンドサウンドの要となってくるという事を書きました。

詳しい内容はこちらから読んで頂ければと思います。
JC(Jazz Chorus)攻略がバンドサウンドの鍵になる??

JCは上手く使いこなせれば
ほとんどのライブハウスでサウンドメイキングができるとても便利なアンプなのです。

では実際のJCの攻略法ですが、
自分の経験だけでは確実な正しい知識とは言えないかなと思い
製造元のROLANDさんへ問い合わせて話も聞いてみました。

まずはチャンネルが2つあり、
左のチャンネルはシンプルに音を鳴らすだけのチャンネル、
右のチャンネルはリバーブやディストーション、コーラスなどの
エフェクターを搭載しているチャンネルとなります。

歪みエフェクターやコーラスをエフェクターボードに組み込み持ち歩いている人はまだしも
「リバーブはアンプ任せ」という人も多いのではないでしょうか?

もちろんリバーブを持ち歩いている人は左のチャンネルでも良いですが
多くの場合は右のチャンネルを使いこなす事になると思います。

次にネット上でも色々言われているインプットについて、
こちらをROLANDさんに問い合わせてみました。

私自身ずっと「インピーダンス」の事だと思っていたのですが
ネット記事なんかを見ると「インピーダンスではなく単純にボリュームの差」
などと書かれている記事もあったので確認してみたのです。
(インピーダンスについては簡単に後述します)

すると左のチャンネル、右のチャンネルのそれぞれにある「Highインプット」と「Lowインプット」は
ボリューム差ではなくインピーダンスであると確認が取れました。

インピーダンスというのは交流回路の抵抗の事ですが難しい話は置いておきまして、
インピーダンスが高いというのは水が流れるホースが太い、
逆に低いというのはホースが細いとイメージすると良いと思います。

太さが同じホースが理想的ですが、
太いホースから流れ出た水を細いホースで受け取ろうとすると受け取りきれず溢れてしまいますよね?
逆に細いホースから太いホースに繋げば空きができはするものの流れてきた水を受け取る事は可能です。

なので楽器を接続する場合はLowインピーダンスで出力し
Highインピーダンスに受け取るのが望ましいとされています。

ROLANDさんにも問い合わせましたが
ギターを何も通さず直接アンプに差す場合は250kΩ〜1000kと高いインピーダンスなので
Highインピーダンスに差し込むのが望ましいとの事です。

しかしBOSSのエフェクターなどは
インプットが1MΩでエフェクターを通り抜けた後が1kΩまでインピーダンスが下がります。

よってBOSSエフェクターなどのバッファードエフェクターの場合は
JCのLowインピーダンスに差し込むのがマッチングとしては良いそうです。

私の経験上もBOSSのエフェクターを使う際はLowインプットに差し込んだ方が耳障りも良く
チューブアンプにひけを取らないサウンドになります。
歪みの乗りもとても良く弾いていてかなり気持ちが良いです!

最近だとエフェクターのインプットからアウトプットまで
OFF時には直接通り抜けるトゥルーバイパスエフェクターも多く、
この場合はOFF時にはHighインピーダンス、
ON時には回路を通るのでLowインピーダンスとなります。

この場合エフェクターの歪みなどをメインで使う場合にはLowインピーダンスに。

エフェクターは曲中に少ししか使わずJCのクリーンをメインで弾く場合は
Highインピーダンスに差し込むのが良いと思います。

当然の事ですがBOSSエフェクターはROLAND社の製品で相性はかなり良いと思います。

ハイブランドのエフェクターも良いですがアンプとの相性を考えJCを使う際は
BOSSエフェクターはかなり音作りがしやすいのでオススメです。

ちなみにBOSSのエフェクターでおすすめですが、
個人的には『BOSS Distortion DS-1X』がおすすめなのですが、
値段が少し高いので一般的には『BOSS OverDrive OD-3』か
BOSS Distortion DS-1』がおすすめです。



長くなってきたので今日のJC攻略はとりあえずここまでにしますが
続きもまたぜひ読んで頂ければと思います(^^)

最近は卵焼きの焼け具合が綺麗に出来すぎて写真を撮ってしまう福田でした!
卵焼きを作るのが上手くなってきて焦げ目がつかない焼き方を習得しつつあります!
人間、日々努力ですね!(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田祐次
15歳よりギターを始め大学へ進むも音楽の道を諦めきれず 大学を中退し音楽の専門学校へ。 卒業後バンドやアーティストサポート、デモンストレーター、 レコーディング、講師業など幅広く活動。 音楽業と並行しブログにて音楽関連の記事で ライブドア編集部賞を受賞、 バンドマンや起業家などに向け ビジネスセミナーを開催するなど多角的に活動中。 日本酒と魚料理をこよなく愛する。