LINEで送る
Pocket



練習する際のテンポ

楽器を練習していると大体の場合が、

ゆっくりのテンポ→だんだん速いテンポ→原曲テンポ

という順番に練習すると思います。

これは曲を練習する時のセオリーですし、僕自身も練習をする時に使う練習方法でもあります。

さらに準備をするのであればライブの時は大体みんなテンポが速くなる場合が多い事から
原曲テンポより速いテンポでも演奏できるようにしておく事もよく使われている練習法です。

ゆっくりのテンポの方が難しいこと

しかし逆はどうでしょう??

原曲テンポでできるようになってから
再度テンポを下げて練習する事はあまり無いのではないでしょうか??

なぜやらないかというと原曲テンポでできるようになれば
ゆっくり練習する必要性がないからだと思います。

ゆっくり < 速い

で難しいと多くの人は考えがちです。

「テンポを上げるのは難しい」
そう考える事が多いでしょう。

確かにテンポを上げる事はアクションを速くしなければなりません。

そこで要求されるのは技術です。

テンポを下げてみると技術は簡単になりますが逆にとても難しくなるものがあります。
それは、、

リズムです。

テンポが速い方がテクニック面では難易度が上がるのですが
リズムに関しては速ければ速いほど音符と音符の感覚は短くなり
正確さがなくてもテクニック面が上手くいけばなんとなくできているように感じてしまいます。

しかしテンポを下げると音符と音符の間の長さが長くなるため
速いテンポの時よりもより正確にジャストのタイミングを狙うのが難しくなるのです。

テクニック面では難易度が下がるかもしれませんがリズムを合わせる事が圧倒的に難しくなるのです。

曲を練習する際はテンポを上げるだけでなく、
逆に極端に下げてみるのもとても練習になります!

ぜひテンポを下げる方も練習してみてください(^-^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket