LINEで送る
Pocket



ギターを弾きながら歌う

ギターを弾きながら歌うのは慣れるまでに時間がかかります。
大体の場合が歌のリズムにギターが釣られてしまったり、
ギターを弾く手が止まってしまったり。

慣れてしまえばギターのフレーズが難しくても難なく歌えてしまうものですが、
とにかく最初は思うように手と口が動かなくてイライラすることも多いかと思います。

ギターを弾きながら歌う際のチェックポイント

今回はギターボーカルとしてマイクに向かって歌うことができるようになるためのチェックポイントをいくつか書き出してみます。

ギターがきちんと弾けているか

ここが中途半端だと、まず意味がありません。

  • クリックに合わせてギターが弾けているか
  • コードチェンジはスムーズかどうか
  • ほとんど手元を見ないで弾けているか

この3点が大切です。

3つ目の手元を見ないで弾けるかどうかは家でギターを弾きながら歌う分には必要ありませんが、
ライブ(マイクがある場合)では下を向いてしまうとマイクに声が乗らなくなってしまうので、
ここは重要なポイントです。

歌がきちんと歌えているか

ここも重要です。

  • 歌詞をきちんと覚えているか

歌詞を見ながらしか歌えないと、ギターを弾く時にもし一瞬手元を見た場合に
その瞬間は歌詞を見ることができなくなり、確実にギターか歌のどちらかは止まってしまいます。

慣れてくると歌詞を見ながら手元を一瞬見ながら、、、
ということが可能になってきますが、これができるギターボーカルさんは相当慣れている場合です。

ギターと歌が同時にできるか

上記の2つがきちんとできた際にやっとギターと歌を両方で試してみます。
最初から思うようにはできないと思うので、
まずは本来のテンポよりゆっくりのテンポで試してみて譜面上での縦の線をチェックします。

そうするとどこで歌とギターがリズムが釣られやすいかというポイントがわかってきます。
そこを重点的に練習し、慣れてきたら前後を続けてできるかチェックしてみましょう。

問題ないようであれば本来のテンポでできるように練習してみましょう。

普段からできる練習方法

慣れるためにオススメの方法は動画でも少し言っていますが、ギターを弾きながら喋ってみることです。
またはテレビを見ながらギターを弾いたりとか。
簡単に思えるかもしれませんが、最初のうちは気がついたら手が止まっていてテレビしか見ていなかったりします。

ライブを見にいくとギターボーカルの方がギターのチューニングをしながら喋っている方がいると思いますが、
最初はそれも難しいことなのです。

最終的には頭(から出てくる言葉)と手の動きが全く別のものとして認識できるようになります!!

参考:
Q.当方、ボーカルとしてやっていきたいと思っていますが、
ギターくらい弾けないとという気もします。
しかしギターを弾きながら歌うということは難しそうだなという 先入観があります。
そこで歌いながら楽器を弾くという事に対して、
こうやったら出来るようになるというコツを教えてください。

最後に

最初のうちは思うように出来ないかも知れませんが、
急に出来るようになる時が来ます。

原因を追求しつつ、地道に練習してみてくださいね!

あなたの音楽活動に
役立つ情報をお届けします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
福田 理沙

福田 理沙

バンサポ編集長
10代からベーシストとして国内のみならず海外でも活動。 自身の音楽活動の経験から不便だったことなどを改善するためにバンサポを作る。得意分野はWEBに関すること。目標は良いアーティストをもっと世の中に広め、活動し続けられる世の中を作ること。