LINEで送る
Pocket



ヤマハの米国・ギター事業子会社がアンペグブランドを事業譲受

2018年5月11日にヤマハのギター事業子会社YamahaGroup,Inc.がベースアンプで知名度の高いAmpegをLOUD Audio, LLC (米国・ワシントン州)から譲り受けることをを発表した。

Ampegは、1946年に楽器用アンプメーカーとして創業し、1960年代には世界初のリバーブ内蔵アンプや、当時としては最高出力のアンプを開発するなど、革新的でユニークな製品を音楽業界に送り出し、現在に至るまで世界中の多くのミュージシャンから支持され続けている米国のベースアンプ専業ブ
ランドです。
当社グループでは、ベーシストのお客様に対し、主にエレクトリックベースを中心とした商品の提供を行って参りました。このたびの Ampeg ブランドの事業譲り受けにより、これまで当社グループでは十分に対応できていなかった、特に専門性が求められるベーシスト向け製品のラインアップを獲得し、幅広いソリューションを提供してまいります。

引用:ヤマハ株式会社

今後、ヤマハはヤマハ、Line6、Ampegのブランドの強みを生かし、ギター事業を発展させていくことになる。

あなたの音楽活動に
役立つ情報をお届けします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
バンサポ編集部
ミュージシャンのための活動支援メディア・バンサポ 日々の音楽ニュースや音楽活動に役立つ情報を配信中!!